西芝電機株式会社

安全衛生

労働安全衛生マネジメントシステム:OHSAS18001

当社は、2010年3月にOHSAS18001労働安全衛生マネジメントシステムの認証を取得し、システムの運用を通じて労働安全衛生活動の継続的改善に取組んでいます。

労働安全衛生マネジメントシステムとして「Plan(計画)」→「Do(実施及び運用)」→「Check(点検)」→「Action(マネジメントレビュー)」のPDCAサイクルにより、継続的な改善に繋げています。
OHSAS18001認証の有効期間は3年間となっています。認証の登録を継続するため、外部審査機関(LRQA)により毎年2回、活動状況チェックのための審査(サーベィランス審査)を受けます。

[イメージ] 継続的改善

安全健康基本方針

当社は、東芝グループの一員として、全ての事業活動において生命・安全・コンプライアンスを最優先し、「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「業務に起因する負傷及び疾病の予防と活動の継続的な改善」に努めます。
  2. 労働安全衛生法規等及びその他の法的要求事項を遵守します。
  3. 次の事項について目的・目標を定め実行します。
    • (1) 労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発するリスクの低減
    • (2) 全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の健康保持増進
  4. 当社事業にかかわるすべての人の安全と健康を確保するため、協力会社に対して安全健康への取り組みを求め、支援します。
  5. 私たちの安全健康に関する取り組みや成果を積極的に公表し、社会の安全健康水準の向上に貢献します。

OHSAS18001 登録証

西芝及び西芝グループはOHSAS18001の認証を取得しています。

[イメージ] OHSAS18001 登録証[イメージ] OHSAS18001 登録証

画像はクリックすると拡大します。

安全衛生パトロール

安全確保と労働災害・疾病を防止することを目的とし安全衛生パトロールを1回/月 実施しています。

[イメージ] 安全衛生パトロール

[イメージ] 安全衛生パトロール

安全衛生啓発活動及び教育

労働災害・疾病を防止することを目的とし安全衛生啓発活動及び教育を実施しています。

全社安全健康大会

全国安全週間準備月間に先がけ全社安全健康大会を開催し、安全水準及び安全文化の向上を図っています。

[イメージ] 全社安全健康大会

[イメージ] 全社安全健康大会

安全健康特別教育

定期的に特別教育を行い、従業員の安全、健康に配慮しています。

[イメージ] 安全健康特別教育

[イメージ] 安全健康特別教育

別ウィンドウアイコンのついたリンクは別ウインドウで開きます。

このページの先頭へ

ご使用のブラウザがJavaScriptの設定を無効、またはサポートしていない場合は正常に動作しないことがあります。